沖縄市の年齢層、未成年は全国平均より多い

沖縄市は沖縄県の那覇市に次ぐ2番目の都市で2014年現在人口は約13万人を超えています。全国の年齢別の人口分布を見ても、0歳から19歳の未成年の年齢層では圧倒的に全国平均を上回る人口です。昔から沖縄は女性が生涯に産む子供の数の出生率は全国ナンバーワンで一人の女性で7人8人は普通でしたが、最近では4人から5人兄弟が多いです。

昔から島ぐるみで子育てに協力的な雰囲気があり、女性にとって結婚したら出産という選択肢以外にあまりなかったという事、周囲から子供を作る事の話は日常茶飯事でもある事が挙げられます。

しかし20歳を過ぎる頃になると人口は減り、那覇市中心部へ就職したり、県外の学校や会社へ就職する人が多いです。希望する科がない為、県外への教育機関を行かざるを得なかった人や就職先も県内だと限られている事や給料も高くはない為、新たな条件ややりたい職を見つけて島を出る若者は多く、今後も増える傾向にあります。